プライバシーポリシーを作ってみた

WordPress の機能に「プライバシー設定」というのがあります。

WordPress 4.9.6 から追加されていたんですが、ずっと無視していました。

これは、作成したプライバシーポリシーを、サイトのプライバシーポリシーページに指定することができる機能ですが、新規作成もできるようです。

前から気になっていたので、今回この機能を使ってプライバシーポリシーを作成してみようと思います。

以下の記事を参考にさせていただきました。

ワードプレスで新しく追加されたプライバシーポリシーの設定方法を紹介

プライバシーポリシーページを作成する

プライバシー設定

管理画面の「設定」の「プライバシー」という項目を選択すると、設定用の画面が出てきます。

まだ、プライバシーポリシーページは作成していないので、「新規ページを作成」をクリックします。

固定ページ編集画面にとびます。

編集画面

プライバシーポリシーに記載すべき項目や、WordPress のデフォルトの仕様のポリシーが、自動で記述されています。

作成中にリンクが表示される「プライバシーポリシーガイド」に詳細が書かれています。

その内容をよく読んで、とりあえずこのサイトに必要ないものを削除します。

自分のサイトに必要な足りない部分を追加で記述します。

ページのリンク設定

プライバシーポリシーページは、サイト内すべてのページからアクセスできるようにしたいので、フッターのメニューにリンクを追加します。

完成したプライバシーポリシー

まとめ

WordPress のプライバシーポリシー設定機能で作成すると、WordPress がデフォルトで実行しているものに対するポリシーが、あらかじめ記載されているので、便利だなと思いました。

ただ、自分のサイトに必要な記載に関しては、分かっている範囲で書いているので、これで合っているのかという疑問が残りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。